リボ払いを早く返済するコツと注意点!カードローンはダメ絶対

借金100万円!リボ払いを早く返済するコツ

 

気が付いたら、リボ払いの合計残高が100万を超えていた。

 

なんでこんなことになったんだろう・・・(-_-)・゜・。

 

最初は一括払いで返済していたのよ。

 

でも、だんだん苦しくなり。

 

一括払いができなくなって、返済の一部を分割払いにした。

 

そして、分割払いの限度額を超えてしまい、とうとうリボ払いでしか返済できなくなってしまった。

 

はじめは2万円だけリボ払いにした。

 

「月々の返済額を少なく設定できて、なんて良いシステムなの~♪」と思った。

 

しかし

月々ラクだと安心しているうちに、

 

「今、いくら借りているか?」

 

「利息がどのくらいつくのか?」

 

「いつ返し終わるのか?」

 

わからなくなってしまう。

 

これがリボ払いの落とし穴なのである。

 

1年も経たない間にクレジット2社で100万まで膨れ上がるなんて。

 

リボ払いは恐ろしい。

 

恐ろしい。

 

恐ろしい。

 

 

そんなリボ地獄にハマった私でも、残額を100万⇒半分まで減らすことに成功した。

 

私が実践したリボ払いを早く返済するコツを書く。

 

参考になったらうれしい。

 


ところで、リボ払い(リボルビング払い)とは何?

 

分割払いは、利用ごとに対して〇回払いと支払回数で決める


リボ払いは、毎月いくらずつ返すと金額で決める支払い方法だ。

 

リボ払いの方式の一つに、利用残高によって支払金額が変動する「残高スライド・定額リボルビング」方式がある。


クレジットカード会社だけでなく、消費者金融の多くがこの方式をとっている。

 

リボ払いは、返済期間が長びけば長引くほど、支払総額はふくれ上がる

 

  

リボ払いを始めたきっかけ~らあ子の場合~

 

 そもそも家賃ビンボーなうえに、夫の失業。私は産後で動けなかった。

 

その結果・・・

  • 給料で払える額を超えてしまった
  • 分割払いの限度額が終わってしまった
  • 軽い気持ちでリボを始めてしまった
  • すぐに返せると思った

 

借金100万になりわかったことは、

世の中そんなに甘くない。

 

借金はそんな簡単に返せない。

 

生活が苦しい(>_<)

 

どうやって返済するか、アテは確実にあるのか、使う前から考えておかなければ借りちゃダメ!

 

 

リボ払いを返済中にやるべき7つのこと


1. これ以上クレジットカードを使わない


借金返済中は、公共料金や保険料など固定費以外のクレジットカードを利用しない。

 

「使わない」決意表明で、カードをハサミで切ってしまう手もある。

 

ただし、ATMで繰り上げ返済する場合はクレジットカードを使うので、切らなくてもよい。

 


2. いつもニコニコ現金払い もしくは いつもにこにこデビットカード払い


支払いは現金もしくはデビットカードで支払う。

 

ちなみにデビットカードとは、銀行の預金口座から直接引き落とされるカード。

 

口座残高の範囲でしか使えないから、借金にはならない。

 


3. リボ残額を毎月把握する


しっかりグラフにして、毎月のリボ残額・利息・返済額を記録しておく。

 

すると、あとどのくらいで返済が終わるか年月、利息の高さ、月々の利用額が目に見えてわかる。

 

借金の抑止力につながる。

 


4. 節約する・無駄使いしない


昼間から寿司屋の500円飲み放題に行ってしまったら、これは明らかに無駄遣いである。

 

節約するなら、禁酒・節酒だ。お金のかからない趣味を見つけよう。

 

これでストレスからの散財は減る。

 


5. 副業、ポイントサイト、オークション、フリーマッケットで稼ぐ


今の収入以外に返済のあてを増やしておく。

 

ポイントサイトやフリーマーケットで自分の要らないものを売れば、その売上で生活費の節約に役立つ。

 

一番はお金を生み出すネット副業!ただし、ネットで稼ぐのはハードルが高め。

 


6. 自動リボ払いをやめる


もし、『自動リボ払い』に設定しているなら、解除しよう。今すぐに。

 

自動リボ払いとは、月々の返済が問答無用で全部リボ払いになってしまうシステムである。

 

クレジットカードを利用するごとにリボ残額が増えてしまい、いつまでもリボ地獄から抜け出せなくなる。

 


7. オートチャージ設定を見直す


オートチャージとは、SuicaやWAONカード(電子マネーカード)の機能である。

 

設定金額を下回ると、自動でクレジット入金されるシステム。

 

オートチャージは必要以上にクレジットカード利用額が増えてしまう悪魔のシステムだ。

 

参考記事>>>

www.xn--l8jue9c5pjct75wqosry6a9f0b4d6a.com

 

オートチャージは利用しない、もしくは、最低金額を低く設定しておこう。

 


リボ払いを早く返済する5つのコツ

 

リボ払いを早く返済するには、いかにトータルの返済額を減らすかがポイントである。

 

返済額を減らすコツを知って早く返そう。

 

コツ1. 繰り上げ返済


毎月の支払いとは別に、借金の一部を繰り上げて返済する方法だ。

 

余裕があるときは、どんどん繰り上げて返すべし。

 

 

コツ2. 毎月の返済額を増やす


「増額返済」という、毎月の返済額を増やして返済する方法だ。

 

クレジット会社の設定が当月引き落としに間に合うようなら「増額返済」、間に合わないなら「繰り上げ返済」にしたほうが、トータルの利息が減ってお得。

 

 

コツ3. 家族や友人から無利子で借りる


親や友人から借金することはかっこ悪いことだが、無利子である限り、困った時に強力なサポートになることは確かだ。

 

もちろん、相手が余裕があるということが大前提であるが。

 

 

コツ4. 保険や積立金を払い戻す


大きく膨らんでしまった借金は自分の中でまとまった資産があるかチェックしてみる。

 

保険金や給料から積立金があれば、払い戻そう。借金返済が優先だ。

 

一度借金をゼロにしてから、もう一度積み立てないと無駄である。

 

 

コツ5. 金利が高いところから返済する


複数から借金をしている場合、優先するのは金利が高いところから返済するべきだ。

 

優先順位の高いカード会社からリボ返済額を多めに設定し、残額が少ない方は返済額を少なめにする。 

 

 

リボ払いを返済するときの3つの注意点

 

1. カードローンに切り替えなくてよし

 

クレジットカードのリボ払いは15~18%の高い年利をとるが、カードローンだって決して低金利ではない。

 

確かに、1%の低い金利もある。しかし、数千万レベルの借入して、かなりの返済能力が必要。

 

ネット系カードローンでも8%程度、銀行の中でも安い地銀系カードローンであっても9%。

 

少なくともリボより安いから借り換えれば節約になるというだけである。

 

もしカードローンの審査が通って、そのお金でリボを一括返済したとする。

 

しかし、カードローンだけ返して、これ以上借金を作らない『固い決意』ができているか?

 

ほとんどは、カードローンとクレジットカードの多重債務者におちいる。

 

人間、一度身に付いた借金癖を治すのは至難の業ということだ。

 

 

もし借り換えるなら、担保がある金利の安いところか、無利子で貸してくれる人に頼もう。

 

担保があるところ、もしくは身近な人から借りたなら、再出発の決意が固くなるだろう。

 

関係を壊したくなければ、踏み倒しは許されないからだ。

 


2. おまとめローンはやめておけ

 

多重債務がある場合、一社にまとめると月々の返済が楽になるかもしれない。

 

しかし、おまとめローンは審査が厳しく、通ったとしても返済のペースは落ちるから金利が高くつく可能性があり、結局損なのである。

 

また、おまとめローンではおさまらず、新たな借金を作ってしまったら、目も当てられない。

 

 

3. もうクレジットカードは作るな

 

借金を返すために、また新しくクレジットカードを作ってはいけない。

 

いずれリボ天井に到達するのは目に見えている。

 

 

最終手段は債務整理(泣)

 

どう考えても生活が苦しい、到底返せる金額ではないとわかったら・・・?

 

勇気がいることだが、生活を立て直すために法律の力を借りるしかない。

 

いわゆる『債務整理さいむせいり』である。

 

債務整理には、任意整理にんいせいり特定調停とくていちょうてい個人再生こじんさいせい自己破産じこはさんの4つがある。

 

  1. 任意整理:借り手と貸し手が話し合って、利息制限法にもとづいて借金を減らせるか交渉する。自分だけでもできるが、ほとんどが弁護士や司法書士に依頼する。

  2. 特定調停:簡易裁判所の調停員があいだに入り、利息制限法にもとづいて借金減額など合意を成立させる。借金の額が大きくないときにこの方法をとる人が多い。自分だけでできるので、弁護士・司法書士費用がかからず、費用がかなり抑えられる

  3. 個人再生:借金額を大きく減らした返済計画を立てて、裁判所に認めてもらう。計画通りに返済すれば、残りの借金が免除される。住宅ローンが残っていても、家を手放さなくてできるのが良い。

  4. 自己破産:裁判所に破産の申し立てをし、自己破産と免責許可の決定を受ける。すると借金が全額免除になる。家や土地など財産は処分されてしまい、本当のゼロからのスタートだ。

参考文献:弁護士宇都宮健児監修『お金で死なないための本』より

 

金額にもよるが・・・リボ職人らあ子は、『任意整理』もしくは『特定調停』をおすすめする。

(任意整理と特定調停のデメリット:10年ブラックリストにのり、クレジットカードが作れない。言い換えると、10年経てばリストから消えて、信用が回復するのだ。)

 

あと、要注意なのは、債務整理詐欺や悪徳弁護士・司法書士に引っかからないよう気をつけよう。

 

法律事務所にもいろいろある。専門外で知識が乏しかったり、法律で定められた報酬以上の請求がきたりして、債務額が思ったより減らず、むしろ増えてしまうことがある。依頼するときは慎重になってほしい。

 

おすすめは、法テラス

 

法テラスとは、国が作った法律トラブルの案内所である。

 

相談料は完全無料。(しかし法テラス以外でも、最近は相談料無料にしている弁護士が増えている)

 

法テラスで相談し、やり方のアドバイスをもらおう。

 

特定調停にすれば手続きにかかる費用が抑えられるし、弁護士・司法書士費用がかからない。

 

さらに法テラスには、立て替え制度がある。

 

もし弁護士・司法書士に依頼したいけど費用が払えないときは、相談・審査のうえ、分割払いにできる。

 

返済は月々5000円~1万円の無利息。生活状況によっては対応をしてくれる可能性がある。

 

以上。リボ払いを早く完済して、借金地獄から抜け出そう。